バイオリン Keishi♪'s Blog

アクセスカウンタ

//写真はファッションショーの
//BGM依頼演奏から
フリーな奏法でSwingやBossaのリズムを中心に心のままに、舞うように、唄うように、バイオリンを弾くKeishi♪です。 フリースタイル・バイオリン弾き、Keishi♪のブログのショッピング

zoom RSS きのう、練習した曲たち。。On Green Dolphin Streetって思ったとおり。。。

<<   作成日時 : 2012/02/12 07:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

1時〜5時まで、十三のパンプキンパイでした。場所手配Jeさんありがとうございました。
初めての部屋でしたが、まずまずでした。ピアノのメンテがもう少ししっかりしてるといいのですが。。

練習はピアノEmさんの近々の課題曲から先に。。
エントリー時点でもらってた中では、私的にはOn Green Dolphin Streetと.Song For My Fatherがまったく初めてでしかもどちらかというと、正面から取り組みたくないなぁ。。と逃げてきたタイプの曲だったので、チャレンジでした。。

セッション形式にすると、逃避行もThe End になるところがいいところです。。で、弾いてみました。。かなり撃沈でしたが、ま、私の場合、初回はこんなもんです。。みなさま、ぐちゃぐちゃにお付き合いいただき、ありがとうございました。

Green Dolphinもそうですが、F⇒E⇒Ebとか、半音下がりで節回しする曲って、ボッサにも多いけれど、すべからく、苦手だなぁ。。私の場合はコードスケールからアドリブせず、あくまで、カウンターフレーズとして曲を作るアプローチなので、機械的にとりあえずまずはスケールアプローチでお茶をにごすっていうプロセスがありません。。

その分、1曲を1時間ぐらい弾きこむことを週末1ヶ月ぐらい繰り返さないと納得できるカウンターフレーズにならないですね。。効率悪いですが、できてしまえば、Arranged by Keishi♪ぐらいに定番に近い演奏になります。。Jazzの即興性はどうなってんねん。。とつっこみ入りそうですが。。どっちかというと、しつこく、納得いくまでアレンジ的に追い回す。。って方向なんです。。

そういう点では、Polka Dots バラッド系、Emily 3拍子などは、凝ったコード付けではありますが、、寄せ付けてくれる、っていうか、クラシックで言えば、モーツアルトのような感じでしょうか、こうくれば、ああでるぞ、、っていう定型の流れ美しくつないでる感じで、弾きやすいですね。どちらもセッションで出てきたのはこれで2回目でしたが、たのしかったです。

私が今回どうしてもやりたかったのは、Nardis 
実はこの曲は1度トライしたことがあります。。みなさん覚えてるかな?ま、今回のSong For My FatherやDolphin並に1回目へろへろ撃沈でした。。あれから、たぶん1年は経ってるでしょうか。。じわりと弾きたい意欲がもう一度。。なので、ある意味リベンジ。そもそも、この曲はバイオリンの指使い的にC難度級の難曲で、普段使わないパターンのかなり上級の運指になるので、ときどきは、こういうフレーズで技術を押さえておくことも必要ですね。。

寄り道しましたが、ベースのIさんから8ビート刻みのアイデアをいただいて、とても面白い音になりました。。昨日の最大の成果ですね。。甘い評価しないIさんも、1回目でこれやったらまあまあと、嬉し、です。定着できるよう、これからもセッションテーマのひとつにしたい曲になりました。。1年ぐらいかけてライブに耐える音にできればと。。

Spain、うん、この曲は決め事だ。。と納得。。この曲は、Nardis以上に上級の運指と同時に弦のとび移りのある一瞬ですがバイオリン的には、ま、超絶技巧とはいいませんが、中の上級者絶句、ぐらいのD難度がでてきます。。ま、そこが、技術的には練習のしがいのあるところですね。。

あとは、やってみてわかりました。どこをアドリブするのかもようやく皆さんに聞いてようやく判りました。ありがたい収穫です。一度はやっておきたかったのですが、さっぱり意味不明の楽譜をどう演奏するのかから色々教えていただきました。ありがとうございました。

で、ようやく見えてきたところで、うん、と、首をかしげる曲ですね。これは。構成そのものは、なんだろう。。Spain好きの方から、ブーイングが出そうですが、正直、挿入的なアドリブで前後定型、、っていう点では、DjangoのMinorSwingと基本の考え方は同じで、かなり古典的な作りなんですね。。きめごといっぱいのバンドアピール用の曲なんだ。。。と。。ライブのオープニングで、キャッチーに演奏するための曲かな。。なんて、思ってしまいました。

アドリブに展開するべき元のフレーズに動きがあまりないので、そもそも、元フレーズに展開性があまりなくて、むしろコード進行ありき、どちらかというと、誰かのよいアドリブを元フレーズとして参照して、それをさらに展開するようにしよっかな。。と思いましたが、コピーしてコピーのアドリブか?。。と??がいっぱいになりました。。っていうのが正直現状ですね。。Nardisのように、1年後ぐらいに、また、弾きたいって思うかなぁ。。

Love For Sale メジャー始まりなのに、暗く。。って。むちゃくちゃなリクエストしてしまいました。。サイドにえらい負担をかける演奏になるのですが、頭から最後まで、重い引っ張る音の動きで、しかもBbmでということでトライしました。この曲はライブ練習の経緯があってCmから取り組みはじめたのですが、オリジナルに戻したところで、もういちどしっかりとテーマ弾きからです。。

テーマを弾きながら、いつしか、テーマフレーズが消えていく。。Cmでやっているので移調するだけやん。。ということにならないのが、音楽の摩訶不思議なところで、一瞬移調フレーズ弾いてみましたが、合いませんね。。ということで、Bbmでこれも1年ぐらい、ぼそぼそと弾きこんでいきます。。ライブ的にはCmの方が活発でパンチのある演奏。。Bbmの重い音は、どうでしょう、ライブ的ではないかも。。でも、とても魅力的で好きな調です。

ともあれ、やはり、基本はセッション形式をとりながらも、曲の提案者がすべてを仕切るのではなく、参加メンバーからアイデア、意見を出してもらって、じゃぁそれでやってみようか。。っていうプロセスが、私は好き。。です。だから、セッションと呼ばずにできるだけ、ワークショップ(勉強会)的にすすめようと思っています。。

今回も直球コメントに一瞬?っときたけど糧になった、そう言う真摯な意見がいくつか飛び交ったのではないでしょうか。でも、それをやれるのは、曲を弾きたいのであって、だれかの真似を弾くのではないっていう、当たり前だけど、意外とJazzに取り組みしていいても忘れがちな、インプロバイゼーション・アプローチを面白いと思っていただける、方々との出会いがあってこそです。一期一会に感謝!

ワークショップはメンバは固定メンバを決めずに不定、時とともに、そして出会いとともに、弾きたいテーマとともに、気まぐれに企画し声かけ、きまぐれ開催、、そんなやりかたです。いつまでつづくやら。。ではありますが、ほそぼそ、3年続けてきました。。これからも、当面はこのスタイルを一つの練習定型として、つづけていきたいと思っています。

//練習した曲
On Green Dolphin Street
Polka Dots and Moonbeams
Song For My Father
Emily
My Little Suede Shoes
Corcovado
Black Orpheus
Beautiful Love

Nardis
Spain
Love For Sale
Wave

//エントリーのみで練習しなかった曲
Autumn Leaves
Libertango
Oblivion です
■アルバム「Amarena」配信開始!
★Keish♪著作ご紹介 Code & Scale Handbook (Ver1.00) with Upper Structured Triad Code List for All Music & Jazz Player
・ワンランク上の音を目指したい方のための、ミュージシャン必読のハーモナイズ手法。スケールやアッパーストラクチャードトライアドの一覧参照ハンドブック、立ち読みはこちら
※ 現在、演奏バージョンアップにむけ、充電期間です。社会人プレーヤーなので演奏とトレーニングは土日祝日のみ。スイング歌モノスタンダードをステファン・グラッペリに影響うけて、甘い香りでアドリブ演奏してます。演奏については気軽にブログにコメントかKeishi001のTwitterのDMで連絡くださいませ。
Vln演奏の参考音源はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧

FS5

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは、おっ!トップのデザイン変わってる!

先日はお疲れっした!実のあるアッという間の
4時間でした。帰って録音したのを聴くと…
なーんか抑揚のないビートやなぁ、ちっともスリリングやないし、もっと体の中からリズムを刻まないと
あかんなぁとつくづく感じましたわ、トホホです。
でも色々と提案やアドバイスいただいたおかげで、
面白い発見が結構ありました、私的には!

まー、久しぶりに自分の音を録音して客観的に
見つめて課題もたーくさん発見して、また早いうちに
再度やりたいですねー。

ところで、この土曜日来れそうですか?
夕方からやから、ちょっと遅れてでも
また一緒に楽しみ&学びましょう!
じぇふ
2012/02/16 23:31
ジェフありがとうございます。またやりましようね。土曜日は出勤の様相になってきました。明日朝の打ち合わせ次第ですが、今回は無理かもしれません、、また、ワークショップ企画します。ピアノさんは声かけたので、、では、おやすみなさい。
Keishi♪
2012/02/16 23:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
FS6

マイリンク集

きのう、練習した曲たち。。On Green Dolphin Streetって思ったとおり。。。 バイオリン Keishi♪'s Blog /BIGLOBEウェブリブログ
FS12
文字サイズ:       閉じる