バイオリン Keishi♪'s Blog

アクセスカウンタ

//写真はファッションショーの
//BGM依頼演奏から
フリーな奏法でSwingやBossaのリズムを中心に心のままに、舞うように、唄うように、バイオリンを弾くKeishi♪です。 フリースタイル・バイオリン弾き、Keishi♪のブログのショッピング

zoom RSS セットの構成表を作成、楽譜を整備。見えないところでの準備の繰り返し。これも蓄積。

<<   作成日時 : 2012/04/10 23:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

セットの楽譜を作る。既存の楽譜や手持ちのデータをそのまま使うことはまずない。いつも、なにかしら修正や追加がある。そのたびに新しい楽譜のデータを作成する。

そうしない人もたしかに居る。先日もコピーを繰り返してほとんど見えなくなったリード譜を渡されてハイ?っていうことがるねぇ。。と妙に誰かと意気投合してしまったり。。

ま、それも、その人の流儀でしょうが。。
私はセットの全員に美しい見やすい楽譜をと、いつも思う。昨年の篠山ではピアノさんに、綺麗な楽譜セットなので見やすくて嬉しいといっていただき、よかった、と素直に嬉しかったです。。(そのあと大量のコード直しが入りましたが。。)美しいと楽曲を美しくとはまったく別で、勉強勉強、そして勉強です。。

そして、いただいた修正からまた楽譜をつくる。そういう繰り返しの中で、何かを蓄積していくのだなと、思う。そして、愚直に繰り返した結果、約200曲以上の手作り楽譜ができあがっている。数の多さもあるけれど、そうやって蓄積を続けることの大切さを思う。

そして、いつも、見た目よりもシビアにきっちりと準備しているってことも。けっこういい加減に見えて、何でもホイホイ弾くようにみえて、こうみえても、人前で弾く構えのときは、相当ナーバスに準備をしている

。あらよっとセッション一発とはわけが違うなと自分では思っているので、本番の直前に曲が変わったりするのは心底苦手だ。でもそういうシチュエーション、修羅場もくぐらないといけないのでしょう、そうしないと、本物のハプニング時に対処できないかも。でも、そういうハプニングを起こさないのが、本来あるべき姿、めざすべき姿だよね。

このところ、思うのです。決め事が本当に嫌なのか?、たぶん、そうではないなと思い始めてます。自分で決めた決め事は案外すきでしっかり決めたいと思っている。一方で、世間的定番という決め事には、どうしても、なじめない自分が居る。とどのつまりは、自己中ということだ。と言ってしまっては、身も蓋もないのだけれど、あえて、そうではないといえるかな?あえて、そう、言うなら、何か新しいスタイルを作ろうとしての演奏固めの決めはしたいのだと、思う。

■アルバム「Amarena」配信開始!
★Keish♪著作ご紹介 Code & Scale Handbook (Ver1.00) with Upper Structured Triad Code List for All Music & Jazz Player
・ワンランク上の音を目指したい方のための、ミュージシャン必読のハーモナイズ手法。スケールやアッパーストラクチャードトライアドの一覧参照ハンドブック、立ち読みはこちら
※ 現在、演奏バージョンアップにむけ、充電期間です。社会人プレーヤーなので演奏とトレーニングは土日祝日のみ。スイング歌モノスタンダードをステファン・グラッペリに影響うけて、甘い香りでアドリブ演奏してます。演奏については気軽にブログにコメントかKeishi001のTwitterのDMで連絡くださいませ。
Vln演奏の参考音源はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧

FS5

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FS6

マイリンク集

セットの構成表を作成、楽譜を整備。見えないところでの準備の繰り返し。これも蓄積。 バイオリン Keishi♪'s Blog /BIGLOBEウェブリブログ
FS12
文字サイズ:       閉じる