バイオリン Keishi♪'s Blog

アクセスカウンタ

//写真はファッションショーの
//BGM依頼演奏から
フリーな奏法でSwingやBossaのリズムを中心に心のままに、舞うように、唄うように、バイオリンを弾くKeishi♪です。 フリースタイル・バイオリン弾き、Keishi♪のブログのショッピング

zoom RSS ヘラクレスの冒険、そう、ヘラクレスをテーマに12の連作っていうのはどうだろう。。

<<   作成日時 : 2012/05/10 21:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 2

12曲のイメージをテーマ設定してみようと思ったときに、
12かぁ、そういえば、ヘーラクレースの12の功績っていうのがあったなぁ。

アガサ・クリスティのヘラクレスの12の冒険というのもあったなぁ。。となつかしく、
WiKiで12の冒険のテーマを調べてみた。。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%98%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B9#.E3.83.98.E3.83.BC.E3.83.A9.E3.82.AF.E3.83.AC.E3.83.BC.E3.82.B9.E3.81.AE12.E3.81.AE.E5.8A.9F.E6.A5.AD

・ネメアーの獅子

・レルネーのヒュドラー

・ケリュネイアの鹿

・エリュマントスの猪

・アウゲイアースの家畜小屋

・ステュムパーリデスの鳥

・クレーテーの牡牛

・ディオメーデースの人喰い馬

・アマゾーンの女王の腰帯

・ゲーリュオーンの牛

・ヘスペリデスの黄金の林檎

・地獄の番犬ケルベロス

とはいえ、オリジナルでというと、またまた、ハードルが高すぎになるので、
スタンダードの作りこみのイメージということで、サブタイトルとしてみてはどうかな。。

・・ちなみに、ヘラクレスの選択とは。。

ゼウスの恋人との間として生まれながら、
ゼウスの正妻のへーラーの嫉妬心に翻弄されて犯してしまった罪の償いとして、
アポローンの教えにしたがい、敢えて12の苦難の道を歩むこと。。


- 余談ですが

(ヘルクーレス)
を英語の半角綴りで書くと、変なBotがコメントスパムするので書けません。表現を奪うこのようなBotの運営者の程度の低さにあきれ、そして悲しい思いがします。。

■アルバム「Amarena」配信開始!
★Keish♪著作ご紹介 Code & Scale Handbook (Ver1.00) with Upper Structured Triad Code List for All Music & Jazz Player
・ワンランク上の音を目指したい方のための、ミュージシャン必読のハーモナイズ手法。スケールやアッパーストラクチャードトライアドの一覧参照ハンドブック、立ち読みはこちら
※ 現在、演奏バージョンアップにむけ、充電期間です。社会人プレーヤーなので演奏とトレーニングは土日祝日のみ。スイング歌モノスタンダードをステファン・グラッペリに影響うけて、甘い香りでアドリブ演奏してます。演奏については気軽にブログにコメントかKeishi001のTwitterのDMで連絡くださいませ。
Vln演奏の参考音源はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧

FS5

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Nemean lion / Love For Sale 全く違う内容の融合から想像を膨らませてみよう
さて、Keishi♪の12の挑戦、ヘラクレスの12の冒険の1つめから題材をとりましょう。 ...続きを見る
バイオリン Keishi♪'s Blo...
2012/05/13 10:01
レルネーのヒュドラー(Hydra)とFlamingo.Hydraは海へび、南の島の空のフラミンゴ。。
Flamingoのイメチェンってとっても不思議というか、トライしてみないほうがいいような気もするのだけれど、 2曲目として選んでみた、そして、ヘラクレスの冒険の第2章やレルネーのヒュドラー。。 ...続きを見る
バイオリン Keishi♪'s Blo...
2012/05/13 17:32
タランチュラ(tarantula)と ケリュネイアの鹿(Ceryneian Hind)の組み合わせ
ケリュネイアの鹿(Ceryneian Hind)は、ギリシア神話に登場する巨大な雌鹿。女神アルテミスの聖獣と、 Keishi♪オリジナル(未発表)のタランチュラ(tarantula)との組み合わせになった。。 ...続きを見る
バイオリン Keishi♪'s Blo...
2012/05/13 17:42
次の組み合わせは、Nitht and Day と何になるのかな..ヘラクレスの試練の4話目は?
・エリュマントスの猪 ..って、どんな話だっけ。。 ...続きを見る
バイオリン Keishi♪'s Blo...
2012/05/15 22:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
Hercules の冒険でタイトルなら勇ましい雰囲気がありますね。ここで緩急盛り込んだ表現で仕上げるといいのかな。
理論もへったくれもない感性だけで行ってるオッサンの一人言でした。失礼しました。
ngc6589
2012/05/10 21:40
コメントありがとう。私も(って言ってよければ)理論はあとづけの説明には役にたつけれど、こころのままに感性の導くままに、美しいと思う方向にひた走るほうです。。ヘラクレス(ハーキュリー/エルキュール)は勇敢な闘士だけれど、嫉妬に翻弄され深い悲しみ味わう人間味の深い背景を持っていますね。。そういう陽と陰、動と静がなにか、イメージの源泉になりそうな気がします。
これからも、独り言コメントくださいませ。。
Keishi♪
2012/05/10 22:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
FS6

マイリンク集

ヘラクレスの冒険、そう、ヘラクレスをテーマに12の連作っていうのはどうだろう。。 バイオリン Keishi♪'s Blog /BIGLOBEウェブリブログ
FS12
文字サイズ:       閉じる