バイオリン Keishi♪'s Blog

アクセスカウンタ

//写真はファッションショーの
//BGM依頼演奏から
フリーな奏法でSwingやBossaのリズムを中心に心のままに、舞うように、唄うように、バイオリンを弾くKeishi♪です。 フリースタイル・バイオリン弾き、Keishi♪のブログのショッピング

zoom RSS 弾いてきたフレーズも整理整頓したいんだ。

<<   作成日時 : 2012/08/13 18:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


弾いてきたフレーズも整理整頓したいんだ。

ほんの少しでも次の参考にしたり、はじめたばかりのだれかに、ふーんって眺めてもらえたらいいなと。だから、弾いてきたことを、譜面にしてみよう。そうしたら、改良しなければならないところも、見えるだろう。

さまざまなことに共通するような気がする。初期に提示された明快な主張や平明さが、次第にを失われて、複雑さと煩雑さを増加しつつ頂点を迎え、前後して喧騒化しはじめる。。

今ね、私の弾き方もここになってきてるね。。無意味に沢山の音、無意味に大きな音、必要以上に早いテンポ。。ぜんぶぜんぶ見直し必要。。

そうしないとわかり難くなり解説者や評論家が現れ、そして、下降する。。

クラシックもジャズもすこしマイナーなところではブルーグラスやシャンソンやハワイアンやタンゴもそれなりに一世を風靡したわけだ。そして比較的あたらしいところでは、ロックもしだいに、そうなっていく可能性がある。

もちろん、ジャンルはセグメント化され、しっかりと支持はされていくのだけれどね。そこに残る音はやはり本質的でなければ支持されないんじゃないかな。

本来の持分(制限的にではなく表現の主な手段と素直に一致する表現曲)をしっかりと意識しなければいけないんだろうね。。

だから?って、いうわけではないけれど。。私も自分の弾き方を、無意味に広げていってはいけないのだと思う。。一つひとつ、中核となるものが何なのか、基本的なところを、しっかりとみて、それをひとつのかたまりとして、仕上げをしながら進む。。

立ち止まることと、進むこと、その両面のバランス。。かな。。

おーし、がんばろう。。

■アルバム「Amarena」配信開始!
★Keish♪著作ご紹介 Code & Scale Handbook (Ver1.00) with Upper Structured Triad Code List for All Music & Jazz Player
・ワンランク上の音を目指したい方のための、ミュージシャン必読のハーモナイズ手法。スケールやアッパーストラクチャードトライアドの一覧参照ハンドブック、立ち読みはこちら
※ 現在、演奏バージョンアップにむけ、充電期間です。社会人プレーヤーなので演奏とトレーニングは土日祝日のみ。スイング歌モノスタンダードをステファン・グラッペリに影響うけて、甘い香りでアドリブ演奏してます。演奏については気軽にブログにコメントかKeishi001のTwitterのDMで連絡くださいませ。
Vln演奏の参考音源はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧

FS5

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FS6

マイリンク集

弾いてきたフレーズも整理整頓したいんだ。 バイオリン Keishi♪'s Blog /BIGLOBEウェブリブログ
FS12
文字サイズ:       閉じる