バイオリン Keishi♪'s Blog

アクセスカウンタ

//写真はファッションショーの
//BGM依頼演奏から
フリーな奏法でSwingやBossaのリズムを中心に心のままに、舞うように、唄うように、バイオリンを弾くKeishi♪です。 フリースタイル・バイオリン弾き、Keishi♪のブログのショッピング

zoom RSS 5弦のC線だけヘリコア残して、他の弦をオブリガードに。。バランスとしてはこっちが好み。。

<<   作成日時 : 2012/08/10 10:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


バイオリン用5弦とはいえ、聴感的には、C線のテンションが低くて鳴りはおとなしい。。なのに、他の弦はしっかりと、スチールコアの張りのある音で鳴る。。そして、なぜか、D線、A線は音がやせ気味。。(あくまで私の主観、楽器や弾き手がちがえばまったくちがう結果にもなるだろうけど。。)

自分好みに、コストパフォーマンスよく。。ということで、かねてからの計画??って大げさやな。。ネオくんからドミナントをエバちゃんに引越し、、ぴんぴんに音が出るオブリガードをもてあましていたエバちゃんからはずした、オブリガードをネオくんのGDAに張りなおし(4弦バイオリンへの5弦用弦張りやからね、5度低い4弦、E線はなし)てみた。。

まぁまぁかな、Cがスチールコア、Gがシンセコア、なので、音の出し方がちがう。。断層を感じないように弾くには、
弓使いも工夫が必要だけれど、これぐらいの差なら、なんとかなると思う。。

全体としては、ぴんぴんに音を出すより、包み込むような音色にしたいので、メニューヒンタイプのミュートを常時。つける位置は、D線とA線の間(高音寄り)。。

こうすると、C線とG線の鳴りの差がさらに目だたなくなるね。。これで一応、今回のC線追加実験の完成形としましょうか。

結論から言えば、5弦バイオリン用のC線だけを1本買いするのが、一番コストパフォーマンスよし。。ということになりました。残ったヘリコアの弦4本は、予備においておきましょう。。弦は何本あっても足りないときは足りない。。切れていないかぎり、はずしても、私は捨てない。。

曲を弾くのは、また、あとで。。





■アルバム「Amarena」配信開始!
★Keish♪著作ご紹介 Code & Scale Handbook (Ver1.00) with Upper Structured Triad Code List for All Music & Jazz Player
・ワンランク上の音を目指したい方のための、ミュージシャン必読のハーモナイズ手法。スケールやアッパーストラクチャードトライアドの一覧参照ハンドブック、立ち読みはこちら
※ 現在、演奏バージョンアップにむけ、充電期間です。社会人プレーヤーなので演奏とトレーニングは土日祝日のみ。スイング歌モノスタンダードをステファン・グラッペリに影響うけて、甘い香りでアドリブ演奏してます。演奏については気軽にブログにコメントかKeishi001のTwitterのDMで連絡くださいませ。
Vln演奏の参考音源はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧

FS5

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FS6

マイリンク集

5弦のC線だけヘリコア残して、他の弦をオブリガードに。。バランスとしてはこっちが好み。。 バイオリン Keishi♪'s Blog /BIGLOBEウェブリブログ
FS12
文字サイズ:       閉じる