バイオリン Keishi♪'s Blog

アクセスカウンタ

//写真はファッションショーの
//BGM依頼演奏から
フリーな奏法でSwingやBossaのリズムを中心に心のままに、舞うように、唄うように、バイオリンを弾くKeishi♪です。 フリースタイル・バイオリン弾き、Keishi♪のブログのショッピング

zoom RSS マヌーシュ(Gypsy)スタイルでViolin Swing 演奏するなら、曲選びはこんな感じ..

<<   作成日時 : 2013/03/16 19:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

マヌーシュ(Gypsy)スタイルでViolin Swing 演奏するなら、
そう思いつつ、これから弾いて、引き続けていきたい、という思いで曲選びすると、

アルバム、AmarenaにAcoustic Unitで収録した曲たちはもちろんとして、

さらに整理すると
こんな感じ..

・It Don't Mean a Thing

なら、Swingのスタンダードでセッションする機会はたまにある、

・Shine
・After You've Gone
・Honeysuckle Rose
・Sweet Lorraine

も頻度は低いけれども、オールドファッションなSwingで、演奏を聴くことはある、

でも

・Undecided
・This Can't Be Love
・Sweet Georgia Brown
・I Can't Beleve That You're in Love With Me
・Minor Swing
・Nuages

となると、マヌーシュでの演奏でないとなかなか聴かないし、弾かないと思う(個人的に)

ましてや、

・Djangology

となると、グラッペリのファンでなければ、まず弾かないかもしれない。

これ以外に、典型的なマヌーシュ的な曲として、

・Cheek to Cheek

は、比較的よく演奏される曲だと思う(個人的に)

さらに、DjangoとGrappelliの演奏のコアな方向にいくと、

・Tears
・Swing Guitars
・Sweet Chorus

などの、Djangoの作曲した曲になる。じつはこのあたりのアルバムYoung Djangoの曲が
私の原点であって

特に、Sweet Chorusがグラッペリのセンスの白眉ではと思っていたりする。

一方で、最近になって、中西さんなどバイオリンのライブ演奏から改めて聴きき覚えた、

・Troubland Bolero
・Douce Ambiance

などの、Djangoの曲はこれから弾いて見たい曲、

そして

・Flamngo

は、あまり演奏されないミュージカルからのジャズ・スタンダードだけれど、これは、もう
グラッペリによって、バイオリン演奏の定番として、これを弾かずして、
といったところでしょうか、

さてさて、マヌーシュ的なというよりは、バイオリンらしさという面で曲を選ぶとすれば、
これら以外に、たくさんのスタンダード曲がありますが、
私的には、この数年のあいだで、

・It`s Only A Paper Moon
・Love For Sale
・Night and Day
・Time After Time

が、曲としても、そして、バイオリンにとっても、よい選曲になると思ってるし、

・When You Wish Upon a Star
・As Time Goes By

は、永遠に、バイオリンだけでなく、必須のバラッドかもしれない、

・My One And Only Love
・Someone to Watch Over Me
・Body and Soul
・Misty

そして、Glappelliとメニューヒンのコラボ演奏からの最たるものとしては

・Tea for Two

は、はずせない選択かもしれません、
まだまだ、いっぱい、いい曲はあります、

たとえば、

・Dark Eyes

のようなロシア的なロマ的な曲もあります。

・Oblivion

のようなタンゴ曲や

・The Sally Garden

のようなアイリッシュも大事な選曲、

そらから、Amarenaに収録したFlammeを代表にHatoriオリジナルが大事な曲目、

あと、これから生まれてくるオリジナル、、かな、

こうやってみると、ずいぶんと弾いてきたアメリカン・スイングやボッサの
選曲が以外と少ないことにも気づきます、、

このあたりは、べつに意図的にそうなのではなく、それらの曲はどちらかというと、
2009年あたりから弾き始めたといってもいいぐらいで、

たくさんの、Jazzスタンダードにセッションで出会って、そうやって、
いま、回帰したような気持ちで、もういちど、弾きたい既存のスタンダード曲を整理していくと
こんな感じになってくる、、そんな感じです、

だから、

・Jazz スタンダード、特に、ボーカル曲とバラッド曲、

は、曲名を書き並べるまでもなく、これらは、弾く機会あれば、
バイオリン弾きとして、一度は、弾いておかないとっていう感じですね、
ざっと、並べれば、メジャーどころで100曲ほどあるでしょう、
これらはいちいち書きません..

改めてみてみると、上記したような曲たちを弾きこなすには、アメリカンなスイング、ボッサを
知らねばならなかったですし、その中に3年ほどどっぷりと浸ることのできたことには、
感謝感謝、感謝の一言につきるわけです、いろんな方々との貴重な出会いのおかげです。

そして、今、もう一度弾き始めてみると、ようやく、弾けるかもという感覚になりつつあります、
寄せ付けてくれなかった、Djangologyですら、なにやら、弾かせてくれそうな、

そういう気配にたどり着くための、長い長い道のりだったのでしょう、きっと。
■アルバム「Amarena」配信開始!
★Keish♪著作ご紹介 Code & Scale Handbook (Ver1.00) with Upper Structured Triad Code List for All Music & Jazz Player
・ワンランク上の音を目指したい方のための、ミュージシャン必読のハーモナイズ手法。スケールやアッパーストラクチャードトライアドの一覧参照ハンドブック、立ち読みはこちら
※ 現在、演奏バージョンアップにむけ、充電期間です。社会人プレーヤーなので演奏とトレーニングは土日祝日のみ。スイング歌モノスタンダードをステファン・グラッペリに影響うけて、甘い香りでアドリブ演奏してます。演奏については気軽にブログにコメントかKeishi001のTwitterのDMで連絡くださいませ。
Vln演奏の参考音源はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧

FS5

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FS6

マイリンク集

マヌーシュ(Gypsy)スタイルでViolin Swing 演奏するなら、曲選びはこんな感じ.. バイオリン Keishi♪'s Blog /BIGLOBEウェブリブログ
FS12
文字サイズ:       閉じる