バイオリン Keishi♪'s Blog

アクセスカウンタ

//写真はファッションショーの
//BGM依頼演奏から
フリーな奏法でSwingやBossaのリズムを中心に心のままに、舞うように、唄うように、バイオリンを弾くKeishi♪です。 フリースタイル・バイオリン弾き、Keishi♪のブログのショッピング

zoom RSS フリースタイルのバイオリンのテキストを作るとしたら、、構想中なりよ..

<<   作成日時 : 2013/06/05 21:48   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

■面白いテキストでないともたない。かといって、むつかしいと続かない。

 1曲を段階的に掘り下げてレベルアップするスタイルのテキストがあったらいいな、と思う。いくらでもバリエーションの提示はできるのだけれど、段階別に分けないと一例の提示に終わってしまう。上級の演奏の考察はけっこう複雑だったり、やはり試行錯誤だったりもすることと、比較的かんたんなアプローチをぐちゃぐちゃに伝えようとすると、テキストとしては成立しない。

 かといって、そこのぐちゃぐちゃを避けようとして、シンプル化してまったく意味をなさない、基礎編なるものをこれ以上世の中に増やしてもしかたない。

★ということでバイオリンのフリー演奏に特化して、ある曲を深堀していく、わたし自信の基本のプロセスをそのままに、1曲単位で考えてみてはどうかと思いついた。

■プロセス を書き下すと、
・オリジナルの楽譜で、
レベル0:譜読み
レベル1:奏法(フィンガリング)
レベル2:奏法(ボウイング)

なので、テキスト化するなら、初級演奏:0〜2の融合(初級演奏、譜面例)

・フェイクを頭で練りながら、
レベル3:リズムフェイク
レベル4:メロディフェイク(装飾/コードアプローチ)
レベル5:アドリブフレーズ(ドミナントモーション)

ということでここでのテキスト化は同じ曲でも、中級演奏:0〜5の融合(中級演奏、譜面例)

・演奏
レベル5:コード進行譜読み
レベル6:テンション(スケールアプローチ)
レベル7:アーティキュレーション

そして、ここでライブ演奏レベルの演奏例を同じ曲で、上級演奏:0〜7の融合(上級演奏、譜面例)

・実はここからが、オリジナル演奏への入り口だけれど、素人としてはここまででも、相当レベル高い演奏と言えるぐらいということになる。

★そういう、掘り下げをしていく値打ちのある曲目(一般的でなければ、学んでもなかなか一緒に演奏する仲間についていけませんものね)をピックアップすると、結構、分類編べつにたくさんの曲数になる。
つまるところ、最低限50曲ぐらいは、Cからb4つぐらいまでの調でざざーっつと弾いてはじめて、初心者から初級者になるっていう世界だなぁと、改めて思いますね..

これが100曲ぐらいを超えたら、中級の入り口が見え始めるってことでしょうね..
でも、それは、まともなリフが実時間で弾けかもっていうぐらいのことであって、時間をかけて練り上げたり、パートナーとベストな音のバランスを、現場で自由自在にコントロールできることとは、また別の世界..

それには、音楽の技術だけでは、すすまない、謙虚な人間性が必要..けっきょく、つまるところ、音楽とはいえ、その本質は人間のこころがどれだけ、ピュアかっていうことに行き着く..

いくら上手でも、みせびらかしたいっていう気持ちがあったら、すべて台無しになる..

能書きはともかく、、話をもとにもどして、

■分類編別、スタディお薦め曲

@練習曲(ブルース編)フリーのテイストと基本のスケールを学ぶ
No1:Cのブルース (ステファン・グラッペリによる)
No2:Amのブルース
No3:ブルース b3つまでのmとMajバリエーション

A練習曲(バラッド編)バラッドの唄い方
初級
No1:Misty
No2:As Time Goes By
No3:Georgia

中級
No1:Cry Me The River
No2:My One And Only Love
No3:Nighitingale Sang..(字余りを学ぶ)

上級
No1:Stardust(バースを学ぶ)
No2:Over The Rainbow(バースを学ぶ)
No3:Emilly(3拍子は極める)

B練習曲(4ビート編)スイングのノリ方

初級
No1:All Of Me
No2:Bye Bye Black Bird
No3:Autumn Leaves

中級
No1:Softly As A Mornig Sunrize
No3:You'd Be..
No2:I Can Give You Anything But Love

上級
No1:Stela By Starlight ×もちっといい曲を探しますね、この曲はもひとつ..
No2:Dont Mean A Thing
No3:Paper Moon


C練習曲(ボサノバ/ラテン編)ラテンのスピード感
初級偏
No1:Blue Bossa
No2:Ricald Bossa
No3:Nighit And Day

中級編
No1:Wave
No2:Love For Sale
No3:Rivel Tango

上級編
No1:El Dia..(エルディアケメディアス)
No2:Oblivion
No3:Ipanema

D練習曲(VlnGuitterSwing編)
初級偏
No1:After Youve Gone
No2:You Are In Love With Me
No3:Hanny Sackle Rose

中級編
No1:DarkEyes
No2:Cheak To Cheak
No3:思案中..

上級編
No1:Flamingo
No2:Nuages
No2:Tears

E練習曲ポップス編
No1:Tea for Two
No2:Top Of The World この曲はいいですよぉ、Jazzでないからこそのグルーブ。
No3:考え中

Fオリジナル編(非公開です..オリジナルの作家とのご相談要な内容ですので..)
No7:Fla..
No8:Hy..
No9:Le..


■アルバム「Amarena」配信開始!
★Keish♪著作ご紹介 Code & Scale Handbook (Ver1.00) with Upper Structured Triad Code List for All Music & Jazz Player
・ワンランク上の音を目指したい方のための、ミュージシャン必読のハーモナイズ手法。スケールやアッパーストラクチャードトライアドの一覧参照ハンドブック、立ち読みはこちら
※ 現在、演奏バージョンアップにむけ、充電期間です。社会人プレーヤーなので演奏とトレーニングは土日祝日のみ。スイング歌モノスタンダードをステファン・グラッペリに影響うけて、甘い香りでアドリブ演奏してます。演奏については気軽にブログにコメントかKeishi001のTwitterのDMで連絡くださいませ。
Vln演奏の参考音源はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧

FS5

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FS6

マイリンク集

フリースタイルのバイオリンのテキストを作るとしたら、、構想中なりよ.. バイオリン Keishi♪'s Blog /BIGLOBEウェブリブログ
FS12
文字サイズ:       閉じる