バイオリン Keishi♪'s Blog

アクセスカウンタ

//写真はファッションショーの
//BGM依頼演奏から
フリーな奏法でSwingやBossaのリズムを中心に心のままに、舞うように、唄うように、バイオリンを弾くKeishi♪です。 フリースタイル・バイオリン弾き、Keishi♪のブログのショッピング

zoom RSS とりあえず何かに帰属しなくてはならないかのような、獏とした不安って、錯覚なんだな、きっと。

<<   作成日時 : 2013/08/27 23:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


集中的にすこしUST(ユーストリームじゃなくって、アッパー・ストラクチャード・トライアド)の適用をやってみて、さらにそこにちょっとリズムパターンを被せてみた。。

そうやってみると、もともとUSTを検討したリズム感(というほどのものではないが)と、いわゆるSwing系のリズムとの違和(悪いといういみでなく、求めているものとの違い、、)感がはっきりとしてくる。。

そういうことに、少し苛立ちを感じていたのだけれど、はっきりと、違うものを求めているのだから、それでいいのだと思う。

先日、I'll Remember Aprilをセッションで弾かせていただける機会があって、頭から最後までラテンでとおして演ってみたのですが、私はラテンが好きなんだと、つくづく感じました。

リズムというものは、グングンと旋律を前に引っ張っていくものであって、モったりとリズムが追っかけるようなのは苦手、、それは、もう好きな人とそうでない人に分かれる世界なので、良し悪しではなくて、好みなのだけれど。

そして、さらに、もっともっと好きなのは、バラッド、、そう、バラッド、、甘くメロウに流れるバラッド、、それが大好きだとはっきり宣言をしておきたくなるくらい。

喧騒な音が嫌いかというと、そうでもなくて、しっかりと喧騒な音楽も、時として、少なからず好きだったりはするけれど、あくまで聴く側としての話。

自分で弾くのであれば、前へ前へ進んでいく、はっきりと旋律を牽引するグルーブ感、スピード感をキープした弾き方(テンポが速いということではなく、スローテンポでもなおかつ引っ張るグルーブ)がいいと思う。

うん、いつもより、前置きがかなり長い、そう、本当はなんというリズムがすきなのか、いちど、リズムそのものを色々と変えながら、探検をしてみるべきなんだろう、、

そのために、スコアメーカで色々リズムテンポを変えて、実験をしてみよう、、、そういうことが書きたかっただけのこと。。

しっかりと、旋律が流れにのって必要なスピード感で前進していくなら、あえて、クラシックな弾き方であっても、それすらも、もとめるものの一つかもしれない。

ジャズじゃないとか、ロマを起点にとか、色々思い悩むことはやめようと思う。それより、この曲をどんなリズムでどのテンポで弾きたいのか、好み主張を明確にもって、少なくとも自分自身が主体で演奏するかぎりは、責任をもって、そのスタイルを弾ききる。。

それができてないから、どのスタイルにも迎合し中途半端にフラストレーションを溜めているのであって、そのあたりは、とりあえず何かに帰属しなくてはならないかのような、獏とした不安は、錯覚なんだな、きっと、と、思うのです。
■アルバム「Amarena」配信開始!
★Keish♪著作ご紹介 Code & Scale Handbook (Ver1.00) with Upper Structured Triad Code List for All Music & Jazz Player
・ワンランク上の音を目指したい方のための、ミュージシャン必読のハーモナイズ手法。スケールやアッパーストラクチャードトライアドの一覧参照ハンドブック、立ち読みはこちら
※ 現在、演奏バージョンアップにむけ、充電期間です。社会人プレーヤーなので演奏とトレーニングは土日祝日のみ。スイング歌モノスタンダードをステファン・グラッペリに影響うけて、甘い香りでアドリブ演奏してます。演奏については気軽にブログにコメントかKeishi001のTwitterのDMで連絡くださいませ。
Vln演奏の参考音源はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧

FS5

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FS6

マイリンク集

とりあえず何かに帰属しなくてはならないかのような、獏とした不安って、錯覚なんだな、きっと。 バイオリン Keishi♪'s Blog /BIGLOBEウェブリブログ
FS12
文字サイズ:       閉じる