バイオリン Keishi♪'s Blog

アクセスカウンタ

//写真はファッションショーの
//BGM依頼演奏から
フリーな奏法でSwingやBossaのリズムを中心に心のままに、舞うように、唄うように、バイオリンを弾くKeishi♪です。 フリースタイル・バイオリン弾き、Keishi♪のブログのショッピング

zoom RSS インテリジェント・メトロノーム I Can't Give You Anything But Love

<<   作成日時 : 2013/09/28 08:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


I Can't Give You Anything But Love

子供のころ、地元のローカルTV局の番組かなにかのテーマソングとしてよくかかってました。題名も知らず、軽快で楽しい曲だなぁという印象でとらえていた曲です。

構成はシンプルですが、もともとの曲が素直なメッセージになっているぶん、さて、このメロに返す言葉はどんな唄になるのでしょうか、、といった悩みどころを感じながらトレーニングしたい曲ですね。何度かセッションでも弾きましたが、これといった印象が残っていません。さらっと弾いてしまって、はい終わりっていう、つまらない演奏をしてしまったんだろうなぁ、、そう、軽快でまっすぐで、ささっと演奏できて、、で、それでどうなのよ、、っていうことになりがちな曲でもあります。

BGM的に音を創るのか、それとも、しっかり構えてフレージングするのか、いろいろ、課題提起をしてくれるテーマだと思います。

4小節イントロで、エンディングもなく、ぶちッと、、
リズムは早過ぎないサンバ、テンポは四分音符=150




以下、インテリ・メトロ共通メッセージ −−−−−

インテリジェント・メトロノームのシリーズでは、私がこの数年の間にセッションやライブで弾いてきた曲たちを中心に、さらに、これから、機会があれば、公開演奏していきたいと思っている準備曲を含め、自分自身の日々のトレーニング用に音源を作っていく、その内容を、公開共有してこうと思っています。

理由のひとつは、こういう、マイナスワンを作る作業を、色んなところで、いろんな方がされていますが、バイオリン演奏の目的で作られたものは、ほとんどありませんので、バイオリンを弾く方の利便のために少しでも、お役に立てればという思いです。

一人でも多くの方が、練習に集中できるように、だれかがした作業で充分であれば、それを活用していく、そういうこともあっていいのではないでしょうか。

もちろん、メトロノームは、単にメトロノームであって、作品ではありません。活用して、何かを感じて、新しいメトロノームを作るのもよし、セットを組んでライブをするもよし、それは、活用される方次第です。
■アルバム「Amarena」配信開始!
★Keish♪著作ご紹介 Code & Scale Handbook (Ver1.00) with Upper Structured Triad Code List for All Music & Jazz Player
・ワンランク上の音を目指したい方のための、ミュージシャン必読のハーモナイズ手法。スケールやアッパーストラクチャードトライアドの一覧参照ハンドブック、立ち読みはこちら
※ 現在、演奏バージョンアップにむけ、充電期間です。社会人プレーヤーなので演奏とトレーニングは土日祝日のみ。スイング歌モノスタンダードをステファン・グラッペリに影響うけて、甘い香りでアドリブ演奏してます。演奏については気軽にブログにコメントかKeishi001のTwitterのDMで連絡くださいませ。
Vln演奏の参考音源はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧

FS5

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FS6

マイリンク集

インテリジェント・メトロノーム I Can't Give You Anything But Love バイオリン Keishi♪'s Blog /BIGLOBEウェブリブログ
FS12
文字サイズ:       閉じる