バイオリン Keishi♪'s Blog

アクセスカウンタ

//写真はファッションショーの
//BGM依頼演奏から
フリーな奏法でSwingやBossaのリズムを中心に心のままに、舞うように、唄うように、バイオリンを弾くKeishi♪です。 フリースタイル・バイオリン弾き、Keishi♪のブログのショッピング

zoom RSS Vln製作日記(1)拾数年ぶりにバイオリンの製作に回帰、、

<<   作成日時 : 2013/10/14 22:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

久しぶりに、このテーマに戻ってきました、、何はともあれ、今日の作業結果の一端を、、

画像


いう、行動を再始動しました、、実に、15年ぶりぐらいだと思います、、そして、そのころ購入して持っていたネックのブロック材は1997年2月16日に当時バイオリンサプライという通販のお店にお願いして入手したもの、、でした、、

楽器の作り方というか、かなり以前に楽器は作ったのだけれど、

↓私のバイオリン製作、初期の超過去ログ(ご参考まで)、、
http://www.e-musics.net/vindex.htm

今回は、そのときには理解できてないことや、うまくいってなかったことを意識しながら、もう一通りやってみようって思ってます。

製作をする目的は、さらに今後、製作を深堀していこうということではなく、

ひとつには単純に、以前に購入してそのままになっていた材料が、とても良い木材で、このまま製作をせずに所有していては、いけないな、、と思っていて、それならばしっかりとした楽器に作るしかないけれど、、そこに気力体力をつぎこめずにいたこと、、

それと、楽器店をいろいろ巡回して、新しい楽器を物色しつつも、なぜ楽器を探しているのか、自分でももうひとつ、焦点が絞れず、よい音の楽器というより、純粋にやはり楽器そのものがすきで、どうしても楽器店に、それも、工房のある楽器店に足が向く、、

そして、以前は、そもそも、楽器を作りたかったけれど、楽器の弾けない製作者、にはなりたくないとの思いもあり、そもそもバイオリン音楽が好きなこともあって、いつの間にか、弾くことも生き方のどまんなかに来てしまって、それはそれで十分なっとくなのだけど、、

やはり、原点、楽器を作りたい、そして、変化は?、楽器を作るために弾けるようになる、ではなくて、自分で作った楽器で音楽を創ってみたい、

という、微妙な、でも、かなり大きな変化が、この拾数年のあいだに、じわじわと、いろんな音楽アプローチを試行錯誤するなかで、生まれてきた、ということが最大のきっかけになってるように感じる、、

そういう意味で、中途半端にしていた製作にもう一度、取り組みしてみて、その中から、また、音楽を奏でることの見え方が変わってくるのではないかなという、根拠のあまりない、でも、そういう淡い確信のようなものも、直感しながら、模索をしてみようかと、思っている、、

**このシリーズは、「Vln製作日記」のシリーズで記載していきます、、


■アルバム「Amarena」配信開始!
★Keish♪著作ご紹介 Code & Scale Handbook (Ver1.00) with Upper Structured Triad Code List for All Music & Jazz Player
・ワンランク上の音を目指したい方のための、ミュージシャン必読のハーモナイズ手法。スケールやアッパーストラクチャードトライアドの一覧参照ハンドブック、立ち読みはこちら
※ 現在、演奏バージョンアップにむけ、充電期間です。社会人プレーヤーなので演奏とトレーニングは土日祝日のみ。スイング歌モノスタンダードをステファン・グラッペリに影響うけて、甘い香りでアドリブ演奏してます。演奏については気軽にブログにコメントかKeishi001のTwitterのDMで連絡くださいませ。
Vln演奏の参考音源はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧

FS5

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FS6

マイリンク集

Vln製作日記(1)拾数年ぶりにバイオリンの製作に回帰、、 バイオリン Keishi♪'s Blog /BIGLOBEウェブリブログ
FS12
文字サイズ:       閉じる