バイオリン Keishi♪'s Blog

アクセスカウンタ

//写真はファッションショーの
//BGM依頼演奏から
フリーな奏法でSwingやBossaのリズムを中心に心のままに、舞うように、唄うように、バイオリンを弾くKeishi♪です。 フリースタイル・バイオリン弾き、Keishi♪のブログのショッピング

zoom RSS Violin Swingの定番をトレーニングに取り入れ、他の曲もイメチェンを進行中、、

<<   作成日時 : 2013/11/04 20:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


・SweetGeorgiaBrwonやShineやら、定番のViolin Swingを集中トレーニング中、

ジャンゴの弾くのがGuitteSwing、グラッペリが弾くのがViolinSwing)どちらも所謂ジプシー系の(ジプシーをロマと言い換えるのは止めようと思います、ジプシーにはロマ族だけでなくたくさんの系統があるそうですので)スイングで、それらを言い表すうまいことばがないのですが、、

かろうじて、ギタースイングということばは存在するようです、、ので、勝手ながら、私の弾いている系列は、バイオリン・スイングなんだと思って、そう呼ぶことにします、、

ボサ、サンバ系のラテン系で弾いている曲を除けば、アップテンポのミディアム・スイングかスローテンポのスイング・バラッドを弾いていて、それぞれ、1:1:1ぐらいの割合で弾いてますから、、

で、その中でも、Grappelliの定番中の定番曲を、ずっと、横においてきたわけです、、結果としては意図的にともいえます。コピーに走らないこと、、それが、この6〜7年の戒めでもあり、煮詰まってせっぱつまらないかぎり、参照しない、、

そうしてきたのですが、そろそろ、解禁にして(コピーではなく弾くことを)トレーニングに取り入れました。

・結果、30年以上前から耳からさんざん覚えた曲たちのリフの楽しいこと、、もちろん、要所要所をハンガリアン・スケール(ジプシースケールの替わりにこうよぶことにします)で、押さえていくわけですが、

このなんとも、寸づまりなスケール感覚が、不思議な浮遊感覚で楽しいものだなあと、あらためて思ったり、、

でも、そう思えるようになってきたのは、ブルーノートを使うアメリカン・スイングをたくさん弾かせてていただく機会があったので、そこで、こちらもさんざん、ブルーノートを弾いたおかげで、弾きたい音のうちブルーなものとハンガリアンなものの違いが、すこし直感が磨かれてきた、そういう必要なプロセスを通ったからと思える、、

・そうやって、ハンガリアンに馴染みながら、さて、今までボサで弾いてきている曲にもどって、そのリフにハンガリアンのイメージを取り込んだり、そういう、ちょっとアイデア的なアプローチをしてみて、

これが、けっこう使える、、というと、ちょっと悪ノリ感に聞こえそうなんだけれど、いままでと、曲のイメージが、リニューアルされ、それでいて、音の密度が増していくような、不思議な充足感があるっていう、そういうことを発見しつつある、、

たとえばNight&Dayにしろ、そして、それ以外のスイング曲にしろ、ハンガリアンのエッセンスを加えることで、さながら、ケーキにバニラを、、スパイスを、そして、リキュールを一振りするだけで、、不思議な香り立ちが一気にしてくるように、

そういう、魔法のような、、そう、、そういう、ハンガリアンの呪文は魔法のひとつだなと、、感じ初めている、、


■アルバム「Amarena」配信開始!
★Keish♪著作ご紹介 Code & Scale Handbook (Ver1.00) with Upper Structured Triad Code List for All Music & Jazz Player
・ワンランク上の音を目指したい方のための、ミュージシャン必読のハーモナイズ手法。スケールやアッパーストラクチャードトライアドの一覧参照ハンドブック、立ち読みはこちら
※ 現在、演奏バージョンアップにむけ、充電期間です。社会人プレーヤーなので演奏とトレーニングは土日祝日のみ。スイング歌モノスタンダードをステファン・グラッペリに影響うけて、甘い香りでアドリブ演奏してます。演奏については気軽にブログにコメントかKeishi001のTwitterのDMで連絡くださいませ。
Vln演奏の参考音源はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧

FS5

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FS6

マイリンク集

Violin Swingの定番をトレーニングに取り入れ、他の曲もイメチェンを進行中、、 バイオリン Keishi♪'s Blog /BIGLOBEウェブリブログ
FS12
文字サイズ:       閉じる