バイオリン Keishi♪'s Blog

アクセスカウンタ

//写真はファッションショーの
//BGM依頼演奏から
フリーな奏法でSwingやBossaのリズムを中心に心のままに、舞うように、唄うように、バイオリンを弾くKeishi♪です。 フリースタイル・バイオリン弾き、Keishi♪のブログのショッピング

zoom RSS 呂旋法とか律旋法とか、そういうものに行き当たりそうな気配、、

<<   作成日時 : 2013/11/10 22:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は、気力、時間、やる気が少しあつまったので、

この機会にGlappelliのコピー譜面をしっかりと分析用に編集、、

SweetGeorgiaBrown、代表格、、

これを、じーっと眺めながら、音源を聴いていて、、

おやおやっと、、これって日本の5音とおんなじじゃ?と、、

いわゆる、呂旋法、、、

♪こーがらしとだえーて♪、、の出だしのあれ、、

それが、C7、G7の連続のところで、、

ま、間を埋めればLydianじゃん、ってことでもあるかも、、

だけれど、どっちにしてもb7がない(Lydianは7をわざとbにしてLydianb7にしないとb7がない)

ってことで、b7の出てくるところが、、

そう、、Glappelliお得意の6thになるわけですねぇ、、

だから、いわゆるドミナントモーションとしてのb7でなくて、、

ブルーノートとしての(ブルースでゃM7もb7で弾きますよね、、)b7が6に変化する、、

−−

そう、ジプシースイングだから、ハンガリアンの変形と思ってたのだけど、

どうも、しっくりこないところがしきりとあって、もちろんハン(ハン民族)的な、

というか、どこか、東からやってきた旋法のひとつの形がハンガリアンでもしもあるなら、、

日本の雅楽につたわる呂旋法が、以外と近しい親族関係にあっても、

それはそれで、深くうなづけそうな(検証してないので、一種のファンタジーとしてです、今のところ)感じがする。

−−

そこで、では律旋法はどこに、、

そう、じっとスケールを眺めていると、Blues For Django & Stephan のイントロ、に見えてくる、、

もちろん、CD,YoungDjangoのフレーズはBluesとしてのイントロだ、、だけど、このb7を6に3を2に置き換えると、、

うーん、見るからに、いや、聴くからに不思議なジプシー的なフレーズになるではないですか、、

1回目のフレーズがBlues、2回目のフレーズが律旋法風、、最後のところのフレーズの違いです、、





まあ、律旋法の音の構成は流動的で変化といわれる部分を加えた場合、ドリアンと形としては同じだったり、、

音楽の境界線は、なんともファジーなものですから、断定的なことは決して言いませんが、、

−−

だからでしょうか、、とある日本人ミュージシャンが、ジプシーの中に入っていって、

現地のミュージシャンが、君はジプシーよりジプシー的なサウンドだ、、と言ったという記事をどこかで読んだけど、、

音楽の訓練ということももちろんあり、努力の結果というべきなんでしょうが、、

しかし、なにか、民族の血として、古来から西へ東へ移動していった、

そういう何かが、もういちど、はるかな時を越えて、、

あいまみえた、、そういうことだって、あるのでは、、あるとしたら、壮大な夢、ファンタジーだなぁ、、

なんて思うわけです、、




■アルバム「Amarena」配信開始!
★Keish♪著作ご紹介 Code & Scale Handbook (Ver1.00) with Upper Structured Triad Code List for All Music & Jazz Player
・ワンランク上の音を目指したい方のための、ミュージシャン必読のハーモナイズ手法。スケールやアッパーストラクチャードトライアドの一覧参照ハンドブック、立ち読みはこちら
※ 現在、演奏バージョンアップにむけ、充電期間です。社会人プレーヤーなので演奏とトレーニングは土日祝日のみ。スイング歌モノスタンダードをステファン・グラッペリに影響うけて、甘い香りでアドリブ演奏してます。演奏については気軽にブログにコメントかKeishi001のTwitterのDMで連絡くださいませ。
Vln演奏の参考音源はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧

FS5

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FS6

マイリンク集

呂旋法とか律旋法とか、そういうものに行き当たりそうな気配、、 バイオリン Keishi♪'s Blog /BIGLOBEウェブリブログ
FS12
文字サイズ:       閉じる