バイオリン Keishi♪'s Blog

アクセスカウンタ

//写真はファッションショーの
//BGM依頼演奏から
フリーな奏法でSwingやBossaのリズムを中心に心のままに、舞うように、唄うように、バイオリンを弾くKeishi♪です。 フリースタイル・バイオリン弾き、Keishi♪のブログのショッピング

zoom RSS 先週の工房のメモの続き、、

<<   作成日時 : 2014/02/02 20:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先週の日曜日、とりあえずアップした分は↓

http://gypsy-violin.at.webry.info/201401/article_23.html

あれから、喉と鼻に炎症がきて、一週間、とりあえずなにもできなかったのですが、、

アップしてなかった分を、、

まずは、、

スクレイパーたち、、

画像


手前の、不思議な格好をした金属の板切れが、、スクレイパーです、、

用途に応じて、鉄の板(昔は鉄ですが、今はステンレス鋼板)を、削りたい形に合わせてカットして、、

板の端にひっかき易いように刃をつけて、板を削ります。

微妙な削りができるのと、仕上がりが滑らかなのが、特徴でしょうか、、

昔の職人さんは上手に考えたものですね、、

スクレイパに使う鋼板はとても硬いので、なかなか、素人の手には負えません、、

工房のスクレイパーを借りることができるので、こういうところは楽です、

・糸箱堀り、、

ネックの一番太くなるところから5mmの線を引いて、

内側をドリルでざっと穴をあけていくんですが、

なかなかの荒作業、、

仕上がりの深さはあらかじめ糸巻きの位置にあけておいた、

直径3mmの穴よりさらに3mmぐらい深いところですが、、

ドリルは、それよりも2mmぐらい浅くしておきます、、

ガリガリガリガリ、、

画像


我が家でやる場合には、ここは手回しドリルになりますから、、

これも、楽といえば楽ですが、、正直、電動工具は苦手です、、(ちょっと怖い。。)

ドリルの後を、ノミでどんどん、彫っていくわけです、、

画像


以上、先週の補足でした、、

後先になりますが、、そのあと、糸箱の中を、延べ3時間ほど、作業して、

本日の午後、ほぼ堀り終わりました、、




■アルバム「Amarena」配信開始!
★Keish♪著作ご紹介 Code & Scale Handbook (Ver1.00) with Upper Structured Triad Code List for All Music & Jazz Player
・ワンランク上の音を目指したい方のための、ミュージシャン必読のハーモナイズ手法。スケールやアッパーストラクチャードトライアドの一覧参照ハンドブック、立ち読みはこちら
※ 現在、演奏バージョンアップにむけ、充電期間です。社会人プレーヤーなので演奏とトレーニングは土日祝日のみ。スイング歌モノスタンダードをステファン・グラッペリに影響うけて、甘い香りでアドリブ演奏してます。演奏については気軽にブログにコメントかKeishi001のTwitterのDMで連絡くださいませ。
Vln演奏の参考音源はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧

FS5

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
FS6

マイリンク集

先週の工房のメモの続き、、 バイオリン Keishi♪'s Blog /BIGLOBEウェブリブログ
FS12
文字サイズ:       閉じる